大阪の通信制高校について

通信制高校は、全日制の高校とは違い、レポートでの学習が中心となっています。通学することも必要になりますが、全日制の高校と比較すると通学回数は、非常に少なくなります。

 

それなので、仕事と並行していても卒業することができますし、健康上なかなか毎日は通学ができない人でも卒業可能です。
学習方法の中心となるのは、自主学習になるので、自分で計画を立てて勉強をして、レポートを作成することが必要になります。

 

ご存知かもしれませんが通信制高校は全国的に存在していて、大阪にもあります。
しかしそのほとんどは、私立となっています。私立と公立で何が違うのかというと、一番の違いは学費です。

 

一般的に私立の方が高い学費になっていて、公立の方が安い学費となっています。
私立の方がかかる学費が高い代わりに、サポート校の併設があるなど、卒業のためのサポート体制作りが万全になっている場合が多いです。
大阪で公立の通信制高校は、一校だけとなっているので、絶対に大阪で公立に入りたい場合はその学校に入る必要があります。

熊本県の通信制高校について

熊本県には、名門高校と充実した通信制高校が多数設置されています。
熊本県は、九州の中央に位置しています。東に阿蘇のカルデラ火山をいだき、西は有明海、不知火海、東シナ海に面しています。
人口は、約180万人で、全国第23位です。水道水は、阿蘇山からの地下水を利用するなど全国でも有数の水のおいしいところです。

 

また、熊本県は、全国でも有数の農業県で、生乳、いちご、トマト、みかんなどが有名です。熊本県全体は、大きく分けて阿蘇・熊本・球磨・芦北の4つのエリアがあります。各エリアには、旧藩校の流れをくむ名門の公立高校が各地に点在していますが、単位制高校や通信制高校も多数県内に設立されています。

 

通信制高校の多くは、熊本市に多く集中しており、大検取得を目指すものから、社会福祉専門、自動車関係など数多くの種類のものがあります。その中には、北海道に系列キャンパスを持ち、海外留学制度がある通信制高校もあるなど、内容が充実しています。

 

熊本の自然あふれる環境の中で、充実した学習できます。通信制高校のメリットは、自分の好きなスタイルで学習することができ、自分の目指す将来設計が可能です。

転入や編入をすることが可能

現在日本には数多くの通信制の高校があり、ここにはたくさんの生徒が通っています。

 

この通信制高校は、公立の学校と私立の学校があり各学校によってそれぞれの特徴があります。

 

中学校を卒業後にこの学校に入学をすることはもちろんですが、公立高校、私立高校に関わらず転入や編入をすることが可能です。高校の卒業資格を得るために1度は社会人となったもののこのような通信制高校に入学をし、学習を重ね単位を取得する人もいます。

 

通信制高校における入学金やその学費も、各学校によって異なります。よって入学の前にはその学校の特徴のみならず、このようなことも事前に調べておき確認をすることが必要です。

 

一般的に私立の通信制高校の方が数は多くなっており、その学費は公立の通信制高校と比較した場合割高となっています。公立の通信制高校はその数は私立の通信制高校を比較すると格段に少なくなっており、各都道府県において1校、もしくは2校となっています。

公立の通信制高校でかかる学費

学校制度的な観点で見ると、通信制高校も公立高校と私立高校に分けることができます。

 

授業料はもちろん公立より私立の方が高いです。通信制高校は単位制として単位を取得することを採用している学校が多く、卒業するまでに基本的に74単位以上がかならず必要となります。

 

学費もそれぞれの学校によって異なりますが基本的に年間いくらではなく、1単位あたりいくらという値段設定されている形で計算される場合が多いです。

 

公立ですと、1単位当たり300円位の学校が多いのですが、私立ですと、1単位最低でも5000円位はかかります。
また単位制高校や通信制高校は全日制とは違い、基本的には在宅での勉強が基本となります。

 

全日制とは違い、自分の生活のリズム・ペースで学習する事が出来ます。また、全ての通信制ではありませんが、いくつかの通信制では全国各地、または複数の都道府県から入学する事ができます。

 

そして、通信制の多くは春だけではなく秋からも入学を受け付けており、転入・編入についてはいつでも受け入れを行っており、前籍の高校での修得単位や在籍日数を活かすこともできます。

茨城の通信制高校について

茨城では多くの人が生活をしているので、たくさんの学校があります。そしてその中には通信制高校もあるのです。通信制高校の多くは私立の高校ですが、茨城には公立の学校もあります。茨城の公立の通信制高校の特色は、入学金や学費が大変安いということです。

 

私立の場合は当然のことながら、その授業料は公立と比較すると割高になります。通信制であれば全日制の公立高校よりも学費が安いので、通いやすいということがあげられます。中には働きながらこの通信制高校に通っている人もおり、自分の収入で学校に通っている人もいるのです。また自分自身で学習を進めていくことができるという点も、メリットとなります。

 

学校で課されるレポートを提出して、自主的な学習を深めていくことができるのです。安い学費で家計に負担を与えにくく、自分の生活リズムやそのスタイルにあった学習ができるので大変有用です。学費について不安があるときには、奨学金制度を利用することも可能です。